ゲーム攻略 パリィ攻略 仁王2

【仁王2】雑賀孫一 パリィ攻略

参考動画

ボス情報

出現ミッション

「旭光篇M・滲みゆく覆水」「旭光篇S・三つ目の伝言」

主な攻撃方法&使用する構え

「刀(逆手)」特殊構え・独自の武技・大技・範囲攻撃
「銃」遠距離攻撃2種
「飛翔」掴み技・遠距離攻撃2種

攻撃パターン&パリィ可否と狙い目

地上時

【銃撃三連射】※遠距離攻撃
立ったまま片手での「銃撃」を3連続で行う
【パリィ可否】遠距離攻撃のため不可
【予備動作→発生速度】左手を下ろし、右手の銃を正面に構える→遅い
【備考】リズムよく3連射するが繋ぎは遅い。弾速が非常に速く見てからの回避は不可能。回避のコツは銃撃音が鳴る「前」に回避する事。

【前転しゃがみ射撃】※遠距離攻撃
前転回避直後のしゃがみ体勢での「単発射撃」
【パリィ可否】遠距離攻撃のため不可
【予備動作→発生速度】横方向に「前転回避」→速い
【備考】弾速が非常に速いので、前転したら即、回避かガードの準備を。

【跳躍回転斬り】
刀を身体ごと叩きつけるように放つ「跳躍回転斬り」
【パリィ可否】パリィ可能
【予備動作→発生速度】左手の刀を左側に振るように構える→速い
【狙い目】発生は速いが、初段パリィが狙い目。刀身が輝くのが前兆。
【備考】非常に気力削り性能が高い。単独で使用する事が多いが、連撃に派生する事がある。初段以外で連撃に組み込まれた場合は溜めがなく攻撃速度が速い。その場合便宜上「速回転斬り」と表記する。攻撃速度が速くタイミングが難しいがパリィ可能。

【跳躍回転斬り連撃】
「跳躍回転斬り」「逆手突き」→「銃撃」→「速回転斬り」
【パリィ可否】「銃撃」以外パリィ可能
【予備動作→発生速度】左手の刀を左側に振るように構える→速い
【連撃速度】全段非常に速い
【狙い目】やはり簡単なのは初段。2・4段目もパリィは可能だが繋ぎが非常に速く狙いにくい。特に4段目は密着状態だと飛び越えてしまう事が多い。
【備考】連撃版の跳躍回転斬り。ごく低頻度で、直後に他の「連撃」に派生する。最大8連?初段から全段ガードすると、ほぼ気力切れでコンボ後半が直撃するので注意。

【後ろ回し蹴り連撃】
「後ろ回し蹴り」→「逆手斬り」→「高速銃撃」→「突き」
【パリィ可否】「逆手斬り」がパリィ可能
【予備動作→発生速度】素早く身体を右回転する→速い
【連撃速度】初段の後が遅く、2段目以降は非常に速い
【狙い目】初段はパリィ不可なので、繋ぎが遅い二段目。初弾が回し蹴りの場合は2段目までが確定かつ非常に簡単にパリィが取れるので最大の狙い目。
【備考】3段目以降はごく低頻度で使用するが、使う際は非常に繋ぎが速い事に注意。
リーチが短いので、初段をスカすと2段目が届かないので近い間合いでガードする事。

【逆手斬り連撃】
「逆手斬り」「速回転斬り」→「後ろ回し蹴り」
【パリィ可否】〆の「後ろ回し蹴り」以外はパリィ可能
【予備動作→発生速度】右手の刀を後ろに小さく振りかぶる→普通
【連撃速度】全段速い
【狙い目】実質初段パリィ以外は狙えない
【備考】「逆手斬り」が初段の場合はこの3連撃に確定。
近い間合いの場合、2段目の精度が悪く飛び越えていってしまう。

【サマーソルトキック】
低空飛行しながらの「蹴り上げ」直後に後方に大きく跳躍する
【パリィ可否】不可
【予備動作→発生速度】身体を浮かせながら低い姿勢になる→速い
【備考】予備動作が非常にわかり辛く、スパアマが付くので気付かずに殴ると危険。

【跳躍回避or瞬間移動】
「跳躍回避」又は背後への「瞬間移動」の後、飛翔中の各行動を最大4回行う。
「瞬間移動」の場合は直後にロックオンが外れる事に注意。
稀に地形の関係か、低空飛行をする事があるが、基本的には同様の性能。

【守護霊召喚・八咫烏・多重火炎追尾弾】※遠距離攻撃※後半は高頻度で使用
守護霊の「八咫烏」を召喚し、無数の「火炎追尾弾」を展開する
【パリィ可否】遠距離攻撃のため不可
【予備動作→発生速度】口笛を吹く→早い
【備考】実は「大技ではない」。スパアマも無い為、即殴る事で阻止が可能。
予備動作がほぼ同様の大技との違いは予備動作時に赤オーラが「出ない」事。
非常に広範囲かつ多数の追尾弾だが、動き出しの後の追尾性能は低め。
動き出しは3回に分かれているので、間隔を空けての横回避数回でも回避は可能。

【守護霊召喚・十字火炎渦(大技)】※遠距離攻撃※後半は高頻度で使用
守護霊の「八咫烏」を召喚し、十字方向に高速で「火炎の渦」を放つ大技
【パリィ可否】遠距離攻撃かつ大技のため不可
【予備動作→発生速度】口笛を吹く→遅い
【特技カウンター】「猛・裏拳」のみ阻止可能
【備考】予備動作がほぼ同様の「追尾弾」との違いは予備動作時に赤オーラが「出る」事。回避のコツは炎の渦の展開後に一拍おいて横回避する事。召喚の時点で射角が決定するので、離れた間合いの時は少し横にずれるだけでも回避可能。

【真空火炎回転斬り(大技)】
守護霊を召喚し、炎属性が付与された跳躍縦回転斬りと同時に真空波を飛ばす大技。
【パリィ可否】大技のため不可
【予備動作→発生速度】大きく武器を構え直す→遅い
【特技カウンター】「斬撃部分」基本的には接触直前に特技を使用
発生は遅いが、発動速度の遅い「猛」では少し厳しい。
【備考】特技カウンターをしない場合は横回避後に隙ができるので反撃可能。

飛翔中限定

【飛翔銃撃】※遠距離攻撃
飛翔中に行う「単発射撃」
【パリィ可否】遠距離攻撃のため不可
【予備動作→発生速度】空中から銃を構える→遅い
【備考】一度の飛翔行動中に使用するのは最大二回。

【飛翔連発火薬玉】※遠距離攻撃
複数の「火薬玉」を投擲する。跳躍直後・掴み被弾直後・飛翔中の3種
【パリィ可否】遠距離攻撃のため不可
【予備動作→発生速度】地上から跳躍する→非常に速い
【備考】使用タイミングが複数あるが、「掴み被弾直後」は確定で使用する事に注意。

【飛翔高速突進掴み(掴み技)】
高速突進して両脚で掴み、「空中フランケンシュタイナー」を放つ掴み技。
【パリィ可否】掴み技のため不可
【予備動作→発生速度】足を少し後ろに振り上げ掛け声を上げる→速い
【備考】稀に地上からの跳躍・瞬間移動「直後」に使用するので注意。

パリィのススメ

雑賀孫一は、多分「中段構え」で独自の「逆手持ち刀」を使用し、近距離攻撃の種類自体がわずか5種類と非常に少ない反面、遠距離攻撃の種類が非常に多く、「飛翔中」の攻撃手段があるのが大きな特徴。
パリィ難易度は非常に簡単な部類だが、「火炎追尾弾」や「飛翔行動」を間合いを問わず非常に高頻度で使うため、接近戦をする事自体少ないというのが難点。

孫一のパリィの狙い目というか狙えるのは実質2種類。
最初の一つ目は「跳躍回転斬り」。狙い目は当然だが「初段パリィ」。
これを狙う時は中距離を保つ事になるが、その場合は銃撃も高頻度で使うのでその対処も忘れずに。予備動作がわかりやすいので見極めは簡単だが、攻撃速度自体は非常に速いのでギリギリまで待つよりも、少し早めのタイミングの方がパリィを取りやすい。

次の二つ目は「逆手斬り」。これを狙う時はリーチが非常に短いので密着状態を保つ。
二種類の連撃に含まれているが、「逆手斬り連撃」の方は初段になるため少し難しい。密着状態の時は発生が速い「後ろ回し蹴り」との二択になり、直ガの場合は蹴りにガードが間に合わない時があるので注意。
取りやすいのは「後ろ回し蹴り連撃」の2段目の場合で、こちらは確定で使用するうえ繋ぎが遅く非常にタイミングが取りやすい。狙うならこちらがオススメ。

そもそもパリィ不可の「後ろ回し蹴り」以外の2種に関して。
・「突き」は繋ぎが非常に速くガード直後だとパリィを差し込むのが間に合わない事が多く、直前の「跳躍回転斬り」を目の前でスカした時は取る事は可能。連撃以外で使用する事もないので狙って取るのは至難。
・「速回転斬り」は二種の連撃に含まれているが、精度が悪すぎて近い間合いだとほぼ命中自体しないのが難点。どうしても取りたい人は、少し離れた間合いで連撃を使用してくれるのを待つ事。
ただ孫市は、そもそも接近戦に付き合ってくれる事が少ないので、貴重なパリィ機会をこの2種の攻撃を待つのに使うのは趣味の範疇になると個人的には思う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たつんちゅ

たつんちゅ

ゲーム全般、特にアクションゲームをこよなく愛する YouTubeでは主に各種縛りプレイ&ノーダメージ動画などをUP 攻略WIKIよりも詳しい攻略記事を目指してます

-ゲーム攻略, パリィ攻略, 仁王2
-,

© 2021 LV1GAMER.com